このドキュメントはGoogle Maps API Version 2 Upgrade Guideを元に翻訳いたしました。

Google Maps API Version 2アップグレードガイド
Google Maps API Version 2 Upgrade Guide

このドキュメンテーションはGoogle Maps APIのバージョン1から2006年4月3日に実行されたバージョン2までアップグレードする方法を説明します。 あなたが2006年4月3日以前サイトを開発した場合、APIの最新バージョンを使用し、サイトをアップデートするにはドキュメントの指示に従う事でしょう。
This documentation describes how to upgrade from Version 1 of the Google Maps API to Version 2, launched on April 3, 2006. If you developed your site before April 3, 2006, you should follow the instructions in this document to update your site to use the most recent version of the API.

コンテンツ一覧
Table of Contents

はじめに
Introduction

アップグレード概要
Upgrade Overview

Maps APIのバージョン2は、APIの旧バージョンとの後方互換が99%になるように設計されています。 これは、バージョン2が新しいメソッド名でアップデートされたインタフェースを含む新しいマップクラスGMap2を導入するのを意味しています。 古いマップクラスのGMapは、APIのバージョン2で存続する為含まれ、APIのバージョン1として同じドキュメントインタフェースを含みます。 しかしながら、新機能の大部分は新しいGMap2マップインタフェースであるAPIのバージョン2のみで動作するよう導入しました。
Version 2 of the Maps API is designed to be 99% backwards-compatible with the previous version of the API. This means Version 2 introduces a new map class, GMap2, that contains an updated interface with new method names. The old map class, GMap, will continue to exist in Version 2 of the API and contains the same documented interface as Version 1 of the API. However, most of the new features introduced in Version 2 of the API only work with the new GMap2 Map interface.

2つのアップグレードパス
Given this design, you have two upgrade paths:

  • 新しいバージョン2機能なしで同じGMapインタフェースを使い続ける。
    Continue using the same GMap interface without new Version 2 features.
    アップグレードする最も速い方法は、Maps APIの<script>URLを"v=1"の代わりに"v=2"にアップデートすることである。 バージョン2が古いGMapインタフェースを保持するので、あなたのサイトは、少しも変更なしで理論的に動き続ける。 しかしながら、実際は何らかの時間のデバッグを費やさなければならないかもしれません。 APIのバージョン1とバージョン2の間の知られている非互換性のリストに関して非互換性部を見てください、そして、問題を持ち続けるならMaps API discussion groupに加わってください。
    The quickest way to upgrade is to update your Maps API <script> URL to refer to "v=2" instead of "v=1". Since Version 2 preserves the old GMap interface, your site should theroretically continue to work without any further changes. However, in practice, you may have to spend some time debugging. Please see the Incompatibilities section for a list of known incompatibilities between Version 1 and Version 2 of the API, and join the Maps API discussion group if you continue having problems.
  • GMap2インタフェースにアップグレードして、バージョン2機能を利用する。
    Upgrade to the GMap2 interface to take advantage of Version 2 features.
    タブを付けられたインフォメーションウィンドウやカスタムマップコントローラーのようなバージョン2機能を利用するには、GMapの代わりにGMap2を使用し始めてください。 まず最初に、Maps APIの<script>URLを、"v=1"の代わりに"v=2"にアップデートしてください。 そして、以下の詳細なGMap2アップグレードガイドに基づいてコードをアップデートしてください。
    To take advantage of Version 2 features like tabbed info windows and custom map controls, start using GMap2 instead of GMap. First, update your Maps API <script> URL to refer to "v=2" instead of "v=1". Then, update your code based on our detailed GMap2 upgrade guide below.

私たちはバージョン1と2つのAPIの間のドキュメントになっていない機能の多くを保存しませんでした。 私たちは、サイトをAPIの新しいバージョンにアップグレードするフラストレーションの最も大きい源になると予想します。???
We did not preserve many of the undocumented functions between Version 1 and 2 of the API. We expect that this will be the biggest source of frustration for sites upgrading to this new version of the API.

アップグレードが必要なのは誰?
Who Needs to Upgrade?

あらゆるMaps APIサイトがアップグレードするべきです。 バージョン2はMaps APIの基本的な部分に多くの重要な機能強化を含んでいます、そして、バージョン1は、ほとんどのサイトが成功裏にアップグレードしたということでオフにされるでしょう。
Every Maps API site should upgrade. Version 2 contains many important enhancements to fundamental parts of the Maps API, and Version 1 will be turned off once most sites have successfully upgraded.

わずかなバグしか報告されないでも、バージョン1とバージョン2は少なくとも1カ月共存するでしょう。 そして、人々が多いか複雑な変遷問題を報告するなら、私たちは、より長い間、APIのバージョン1を保存するかもしれません。 その時、バージョン2は"デフォルト"になるでしょう、そして、すべてのサイトが自動的にそれを使用し始めるでしょう。 問題をGoogle Maps APIディスカッション・グループに報告してください。 私たちのサポートスタッフは活発にしきります。
Version 1 and Version 2 will coexist for at least one month no matter how few bugs are reported, and we may preserve Version 1 of the API for longer if people report many or complex transition problems. At that time, Version 2 will become the "default," and all sites will automatically start using it. Please report your problems to the Google Maps API discussion group, which our support staff actively moderates.

バージョン1とバージョン2間の非互換性
Incompatibilities Between Version 1 and Version 2

バージョン1とバージョン2のドキュメント化された機能の間には以下を含む多少の非互換性がある。:
There are small number of incompatibilities between the documented features of Version 1 and Version 2, including:

  • GXsltのブラウザサポート
    GXslt browser support
    GXsltは現在、ネイティブでXSLTをサポートするブラウザだけをサポートします。 サファリにはネイティブでXSLTをサポートしないので、GXsltはもうSafariをサポートしません。 あなたのアプリケーションでそれが重要であるなら、Safariでこの振舞いを再生させるためにGoogleのオープンソースAJAXSLTライブラリを入れることができます。
    GXslt now only supports browsers with native XSLT support. Safari does not have native XSLT support, so GXslt no longer supports Safari. You can include Google's open source AJAXSLT library to reproduce this behavior in Safari if it is important for your application.
  • openInfoWindowXslt()メソッド
    openInfoWindowXslt() methods
    GMapGMarkerは、GXsltへの変化のためもうopenInfoWindowXslt()メソッドをサポートしません。
    GMap and GMarker no longer support the openInfoWindowXslt() method due to the changes to GXslt.
  • マップ初期化順(setMapType)
    Map initialization order (setMapType)
    バージョン1.0で、setMapTypecenterAndZoomより前に呼び出してた。 バージョン2.0は地図位置が初期化される前に、setMapTypeが呼ばれるのを許容しません。 あなたがGMap2にアップグレードしているなら、一つのメソッド呼び出しでセンター、ズームレベル、および地図タイプを初期化するGMap2の新しいsetCenterメソッドを使用するのを勧めます。
    Version 1.0 let you call setMapType before centerAndZoom. Version 2.0 does not allow setMapType to be called before the map location is initialized. If you are upgrading to GMap2, we recommend you use the new setCenter method in GMap2 to initialize the center, zoom level, and map type in a single method call.
  • ドキュメント化されていないメソッド
    Undocumented methods
    Maps APIのバージョン2がAPIのコア一部への著しい変化を含んでいるので、ドキュメント化されていない機能のほとんどすべてが、変更していて、もうサポートされません。
    Version 2 of the Maps API contains significant changes to the core parts of the API, so almost all of the undocumented functions have changed or are no longer supported.

GMapからGMap2へのアップグレード
Upgrading from GMap to GMap2

GLatLngクラス
The GLatLng Class

地理的座標とピクセル座標は現在、別々のクラス、GLatLng、およびGPointとして表されます。 setCenterのようなメソッドは現在GPointのインスタンスの代わりにGLatLngのインスタンスをとる。 いくつかのメソッドの呼び出しはGMap2にアップグレードするとき、これを反映するためにアップデートすべきであろう。
Geographical coordinates and pixel coordinates are now expressed as separate classes, GLatLng and GPoint. Methods like setCenter now take in instances of GLatLng instead of instances of GPoint, so many of your method calls will have to be updated to reflect this when you upgrade to GMap2.

また、バージョン2は国際日付変更線を厳密に顧慮するGLatLngBoundsクラスを導入します。
Version 2 also introduces the GLatLngBounds class, which properly respects the international date line.

さらなる情報はクラスリファレンスを見てください。
See the class reference for more information.

ズームレベルについて
Zoom Level Order

GMap2のズームレベルインジケーターは一番粗いレベルは0から始まり、それは最終ではない。 これは任意に高解像度議の地図を許容します。それはより容易に高画質イメージを紹介することができるでしょう。 あなたは古いのと新しいズームレベルの間で以下の公式で変換することができます:
Zoom level indices in GMap2 start with 0 at the coarsest level, not at the finest. This allows maps of arbitrarily high resolution, which will let us more easily introduce high resolution imagery. You can convert between old and new zoom levels with the following formula:

newZoom = 17 - oldZoom

マップタイプ名の変更
Map Type Name Changes

マップタイプ(地図、サテライト、ハイブリッド)は、APIのバージョン2における新しい名前があります:
The Map types (Map, Satellite, Hybrid) have new names in Version 2 of the API:

  • G_NORMAL_MAP
  • G_SATELLITE_MAP
  • G_HYBRID_MAP

メソッド名の変更
Method Name Changes

GMapインタフェースのメソッドの多くはGLatLngクラスが使い、さらに新しく首尾一貫していて、拡張可能なGMap2インタフェースの新しいメソッドで置き換えられた あなたは以下でテーブルに基づいたコンストラクタ、メソッド、およびイベントハンドラをアップデートすることができます:
Many of the methods in the GMap interface have been replaced with new methods that use the GLatLng class and are more consistent with our new, extensible GMap2 interface. You can update your constructor calls, method invocations, and event handler based on the table below:

タイプType バージョン1Version 1
バージョン2Version 2
コンストラクタ
constructor
GMap(container, mapTypes?, width?, height?)
GMap2(container, opts?)
メソッド
method
GMap.getCenterLatLng()
GMap2.getCenter()
メソッド
method
GMap.getBoundsLatLng()
GMap2.getBounds()
メソッド
method
GMap.getSpanLatLng()
GMap2.getBounds()
メソッド
method
GMap.getZoomLevel()
GMap2.getZoom()
メソッド
method
GMap.centerAtLatLng(center)
GMap2.setCenter(center, zoom?, type?)
メソッド
method
GMap.centerAndZoom(center, zoom)
GMap2.setCenter(center, zoom?, type?)
メソッド
method
GMap.recenterOrPanToLatLng(center)
GMap2.panTo(center)
メソッド
method
GMap.zoomTo(level)
GMap2.setZoom(level)
メソッド
method
GMap.openInfoWindow(point, node, offset?, onopen?, onclose?)
GMap2.openInfoWindow(point, node, opts?)
メソッド
method
GMap.openInfoWindowHtml(point, html, offset?, onopen?, onclose?)
GMap2.openInfoWindowHtml(point, html, opts?)
メソッド
method
GMap.openInfoWindowXslt(point, node, xslturi, offset? , onopen?, onclose?)
-
メソッド
method
GMap.showMapBlowup(point, node, offset?, onopen?, onclose?)
GMap2.showMapBlowup(point, opts?)
イベント
event
GMap.click(overlay, point)
GMap2.click(overlay, point)
イベント
event
GMap.zoom(oldLevel, newLevel)
GMap2.zoomend(oldLevel, newLevel)
コンストラクタ
constructor
GMarker(point, icon?)
GMarker(point, icon?, inert?)
メソッド
method
GMarker.openInfoWindow(content)
GMarker.openInfoWindow(content, opts?)
メソッド
method
GMarker.openInfoWindowHtml(content)
GMarker.openInfoWindowHtml(content, opts?)
メソッド
method
GMarker.openInfoWindowXslt(xml, xslt)
-
メソッド
method
GMarker.showMapBlowup(zoom?, type?)
GMarker.showMapBlowup(opts?)
コンストラクタ
constructor
GPolyline(points, color?, weight?, opacity?)
GPolyline(points, color?, weight?, opacity?)
コンストラクタ
constructor
GIcon(copy?)
GIcon(copy?, image?)
コンストラクタ
constructor
GBounds(minx, miny, maxx, maxy)
GBounds(points)
一定値
constant
G_MAP_TYPE
G_NORMAL_MAP
一定値
constant
G_SATELLITE_TYPE
G_SATELLITE_MAP
一定値
constant
G_HYBRID_TYPE
G_HYBRID_MAP
静的メソッド
static method
GXml.parse(xmltext)
GXml.parse(xmltext)
メソッド
method
GXslt.transformToHtml(xmlnode, htmlnode)
GXslt.transformToHtml(xmlnode, htmlnode)

バージョン2の新機能
New Features in Version 2

Maps APIのバージョン2は多くの新機能、包含を導入します:
Version 2 of the Maps API introduces a number of new features, including:

  • さらなるJavaScriptダウンロードの縮小
    Much smaller JavaScript download
    新しいMaps API JavaScriptファイルは古いJavaScriptファイルのサイズのおよそ半分です。それは、あなたのウェブサイトでユーザ経験を改良するであろう。
    The new Maps API JavaScript file is about half the size of the old JavaScript file, which should improve user experience on your web site.
  • サテライトズームレベルでの2つの追加
    Two additional satellite zoom levels
    米国、カナダ、イギリス、日本、ヨーロッパ、および世界のほとんどあらゆる大都市でイメージ解像度と適用範囲を増加させました。
    Increased imagery resolution and coverage in the U.S., Canada, U.K., Japan, Europe, and almost every major city in the world.
  • 概要地図のコントロール
    Overview map control
    私たちの新しいGOverviewMapControlコントローラーはスクリーンの角に魅力的で折りたたみ可能なの地図を表示します。
    Our new GOverviewMapControl control displays an attractive and collapsible map in the corner of the screen.
  • カスタムマップコントローラー
    Custom map controls
    あなたは、GSmallMapControlのような自動制御に加えたカスタム地図コントロールを定義するためにGControlのサブクラスを定義することができます。 詳しい情報はexampleクラスリファレンスを見てください。
    You can define subclasses of GControl to define custom map controls in addition to the built-in controls like GSmallMapControl. See the example or class reference for more information.
  • カスタムマップオーバーレイ
    Custom map overlays
    あなたは、内蔵のGMarkerGPolylineのクラスに加えてカスタム地図オーバレイを定義するためにGOverlayのサブクラスを定義することができます。 詳しい情報はexampleクラスリファレンスを見てください。
    You can define subclasses of GOverlay to define custom map overlays in addition to the built-in GMarker and GPolyline classes. See the example or class reference for more information.
  • わずかなメモリリーク
    Fewer memory leaks
    APIは現在あなたがほとんどの円形の参照を無効にするためにあなたのページのアンロードイベントで呼ぶことができるGUnload()メソッドを含んでいます、イベント登録の間にそれとなく形成されたものを含んでいて。 Google Mapsでは、これは実際にはIEでメモリリークを排除しました。 詳しい情報に関してドキュメンテーションを見てください。
    The API now includes a GUnload() method that you can call in the unload event of your page to destroy most circular references, including those formed implicitly during event registration. On Google Maps, this has virtually eliminated memory leaks in IE. See the documentation for more information.
  • デバッグログ
    Debugging log
    Google Maps工学チームによって内部的に使用された簡単で、浮いているデバッグウィンドウで、プログラム実行を妨げるか、またはUIを妨げないで、あなたは容易にデバッグ情報を印刷します。 ただ警戒()呼び出しをGLog.write()に取り替えてください。 詳しい情報のクラス参照を見てください。
    A simple, floating debug window used internally by the Google Maps engineering team allows you to print debug information easily without blocking program execution or interfering with the UI. Just replace your alert() calls with GLog.write(). See the class reference for more information.