このドキュメントはGoogle Maps API Version 2 Upgrade Guideを元に翻訳いたしました。
イベントに関するかなりの部分で「fire」を「首」としていますが、ちょっと訳せなかったので、首にしておくことで後から置換しやすくしておいてます。

Google Maps API バージョン2リファレンス
Google Maps API Version 2 Reference

もしあなたのコンテンツに表示する為の地図を使うだけなら、これらのクラス、タイプ、関数を知る必要があります。
If you only want to use the map to display your content, then you need to know these classes, types, and functions:

もしあなた自身のコントローラーを実装するためにMapsAPIの関数を拡張するなら、オーバーレイかマップタイプのクラスとタイプが必要です。
If you want to extend the functionality of the maps API by implementing your own controls, overlays, or map types, then you also need to know these classes and types:

GMap2クラス
class GMap2

地図を作成するためのインスタンスクラスGMap2。これはAPIの中心的クラス。その他全ては補助である。
Instantiate class GMap2 in order to create a map. This is the central class in the API. Everything else is auxiliary.

コンストラクタ
Constructor

コンストラクタ 解説
GMap2(container, opts?) 概してDIVエレメントであるHTMLコンテナ内に新しい地図を作成します。 オプション引数のopts.mapTypesでマップタイプがセットされていないなら、 デフォルトセットのG_DEFAULT_MAP_TYPESが使われる。 オプション引数のopts.sizeでサイズが設定されていないなら、 containerのサイズが使われます。 もしopts.sizeがないなら、地図のコンテナエレメントはリサイズによります。 class GMapOptionsを見てください。
Creates a new map inside of the given HTML container, which is typically a DIV element. If no set of map types is given in the optional argument opts.mapTypes, the default set G_DEFAULT_MAP_TYPES is used. If no size is given in the optional argument opts.size, then the size of the container is used. If opts.size is given, then the container element of the map is resized accordingly. See class GMapOptions.

メソッド
Methods

コンフィギュレーション
Configuration

メソッド 戻り値 解説
enableDragging() 無し
none
地図をドラッグ可能とする(デフォルトで有効)
Enables the dragging of the map (enabled by default).
disableDragging() 無し
none
地図のドラッグをできなくする
Disables the dragging of the map.
draggingEnabled() 論理値
Boolean
地図のドラッグが可能な場合にのみtrueが戻ってる
Returns true iff the dragging of the map is enabled.
enableInfoWindow() 無し
none
地図上でインフォウィンドウの操作を可能とする。
Enables info window operations on the map (enabled by default).
disableInfoWindow() 無し
none
インフォウィンドウが開いていればそれを閉じる。新しいインフォウィンドウ開かなくする。
Closes the info window, if it is open, and disables the opening of a new info window.
infoWindowEnabled() 論理値
Boolean
インフォウィンドウが使える場合にのみtrueを返す。
Returns true iff the info window is enabled.

コントローラ
Controls

メソッド 戻り値 解説
addControl(control, position?) 無し
none
コントローラを地図に追加する。地図上の場所はpositionで決定する。 もしこの引数が欠落するとGControl.getDefaultPosition()メソッドによる決められた場所をデフォルトとする。 このコントローラインスタンスは地図に一度以上追加されるべきではない。
Adds the control to the map. The position on the map is determined by the optional position argument. If this argument is absent, the default position of the control is used, as determined by the GControl.getDefaultPosition() method. A control instance must not be added more than once to the map.
removeControl(control) 無し
none
地図からコントローラを削除する。地図にコントローラが追加されていなければ何もしない。
Removes the control from the map. It does nothing if the control was never added to the map.
getContainer() Node 地図に含むDOMオブジェクトを返す。GControl.initialize()によって使われる。
Returns the DOM object that contains the map. Used by GControl.initialize().

マップタイプ
Map Types

メソッド 戻り値 解説
getMapTypes() Array of GMapType 地図に明記したマップタイプの配列を返す。
Returns the array of map types registered with this map.
getCurrentMapType() GMapType 現在選択しているマップタイプを返す。
Returns the currently selected map type.
setMapType(type) 無し
none
与えられた新しいマップタイプを選ぶ。タイプを地図がわかるようでなければなりません。コンストラクターとaddMapType()メソッドを見てください。
Selects the given new map type. The type must be known to the map. See the constructor, and the method addMapType().
addMapType(type) 無し
none
地図に新しいマップタイプを加えます。カスタムマップタイプの作り方はGMapTypeセクションを見てください。
Adds a new map type to the map. See section GMapType for how to define custom map types.
removeMapType(type) 無し
none
地図からマップタイプを削除します。GMapTypeControl???
Removes the map type from the map. Will update the set of buttons displayed by the GMapTypeControl and fire the removemaptype event.

地図の状態
Map State

メソッド 戻り値 解説
isLoaded() 論理値
Boolean
地図が作られて以降にsetCenter()によって初期化された場合にのみtrueを返す。
Returns true iff the map was initialized by setCenter() since it was created.
getCenter() GLatLng マップビューの中心の地理座標を返す。
Returns the geographical coordinates of the center point of the map view.
getBounds() GLatLngBounds 地理座標内のマップビューの長方形の領域を返します。
Returns the the visible rectangular region of the map view in geographical coordinates.
getBoundsZoomLevel(bounds) Number 長方形の領域をマップビューでフィットするズームレベルを返します。ズームレベルは現在選ばれたマップビューで計算されます。 もしマップタイプが選ばれていないなら、使用されたマップタイプのリストの1番目です???
Returns the zoom level at which the given rectangular region fits in the map view. The zoom level is computed for the currently selected map type. If no map type is selected yet, the first on the list of map types is used.
getSize() GSize マップビューのサイズをピクセルで返します。
Returns the size of the map view in pixels.
getZoom() Number 現在のズームレベルを返します。
Returns the current zoom level.

地図状態の修正
Modify the Map State

メソッド 戻り値 解説
setCenter(center, zoom?, type?) 無し
none
与えた中心にマップビューをセットする。オプションとしてズームレベルとマップタイプもセットする。 マップタイプは地図が知りえるタイプ。 コンストラクターとaddMapType()メソッドを見てください。 このメソッドは後に地図の初期状態をセットするために最初に呼び出されなければなりません。 最初に呼び出されないとエラーを引き起こします。
Sets the map view to the given center. Optionally, also sets zoom level and map type. The map type must be known to the map. See the constructor, and the method addMapType(). This method must be called first after construction to set the initial state of the map. It is an error to call other operations on the map after construction.
panTo(center) 無し
none
与えた地点に地図の中心を変更します。現在のマップビューに既に見えている地点であれば、スムーズなアニメーションで移動します。
Changes the center point of the map to the given point. If the point is already visible in the current map view, change the center in a smooth animation.
panBy(distance) 無し
none
与えられてピクセルの距離でパンアニメーションが始まります。
Starts a pan animation by the given distance in pixels.
panDirection(dx, dy) 無し
none
インジケーターの方向に地図の半分の幅だけパンアニメーションが始まります。
Starts a pan animation by half the width of the map in the indicated directions. +1 is right and down, -1 is left and up, respectively.
setZoom(level) 無し
none
与えられて新しい値のズームレベルを設定します。
Sets the zoom level to the given new value.
zoomIn() 無し
none
ひとつだけズームレベルを増加します。
Increments zoom level by one.
zoomOut() 無し
none
ひとつだけズームレベルを減らします。
Decrements zoom level by one.
savePosition() 無し
none
現在の地図の場所とズームレベルを後からreturnToSavedPosition()で呼び出せるよう保存します。
Stores the current map position and zoom level for later recall by returnToSavedPosition().
returnToSavedPosition() 無し
none
savePosition()によって保存されたマップビューに再構築します。
Restores the map view that was saved by savePosition().
checkResize() 無し
none
コンテナのサイズの変更を地図に通知します。 DOMコンテナオブジェクトのサイズが変更された後にこのメソッドを呼び出すと、地図自身を新しいサイズで合わせることができます。
Notifies the map of a change of the size of its container. Call this method after the size of the container DOM object has changed, so that the map can adjust itself to fit the new size.

オーバーレイ
Overlays

メソッド 戻り値 解説
addOverlay(overlay) 無し
none
地図にオーバーレイを追加し、addoverlayイベントを首にします。
Adds an overlay to the map and fires the addoverlay event.
removeOverlay(overlay) 無し
none
地図からオーバーレイを削除します。???
Removes the overlay from the map. If the overlay was on the map, it fires the removeoverlay event.
clearOverlays() 無し
none
地図から全てのオーバーレイを削除し、clearoverlaysイベントを首にします。
Removes all overlay from the map, and fires the clearoverlays event.
getPane(pane) Node paneによって識別されたレイヤーオブジェクトを保持したDIVを返す。 GOverlayメソッドの GOverlay.initialize()によって使われる地図上の自身を描くためのインスタンス。
Returns a DIV that holds the object in the layer identified by pane. Used by GOverlay instances in method GOverlay.initialize() instances to draw themselves on the map

インフォウィンドウ
Info Window

メソッド 戻り値 解説
openInfoWindow(point, node, opts?) 無し
none
与えられたポイントにシンプルなインフォウィンドウを開く。 開かれたインフォウィンドウが全て見えるよう地図をパンする。 インフォウィンドウのコンテンツはDOMノードとして与えられる。
Opens a simple info window at the given point. Pans the map such that the opened info window is fully visible. The content of the info window is given as a DOM node.
openInfoWindowHtml(point, html, opts?) 無し
none
与えられたポイントにシンプルなインフォウィンドウを開く。 開かれたインフォウィンドウが全て見えるよう地図をパンする。 インフォウィンドウのコンテンツはHTMLテキストとして与えられる。
Opens a simple info window at the given point. Pans the map such that the opened info window is fully visible. The content of the info window is given as HTML text.
openInfoWindowTabs(point, tabs, opts?) 無し
none
与えられたポイントにタブインフォウィンドウを開く。 開かれたインフォウィンドウが全て見えるよう地図をパンする。 インフォウィンドウのコンテンツはDOMノードとして与えられる。
Opens a tabbed info window at the given point. Pans the map such that the opened info window is fully visible. The content of the info window is given as DOM nodes.
openInfoWindowTabsHtml(point, tabs, opts?) 無し
none
与えられたポイントにタブインフォウィンドウを開く。 開かれたインフォウィンドウが全て見えるよう地図をパンする。 インフォウィンドウのコンテンツはHTMLテキストとして与えられる。
Opens a tabbed info window at the given point. Pans the map such that the opened info window is fully visible. The content of the info window is given as HTML text.
showMapBlowup(point, opts?) 無し
none
与えられたポイントにこの周りの拡大図を含むインフォメーションウィンドウを開きます。
Opens an info window at the given point that contains a closeup view on the map around this point.
closeInfoWindow() 無し
none
現在の開いているインフォウィンドウを閉じる。
Closes the currently open info window.
getInfoWindow() GInfoWindow 地図のインフォウィンドウオブジェクトを返す。インフォウィンドウが存在していないなら、作成されるが表示されない。 この操作はenableInfoWindow()によって影響を受けない。
Returns the info window object of this map. If no info window exists yet, it is created, but not displayed. This operation is not influenced by enableInfoWindow().

座標変換
Coordinate Transformations

メソッド 戻り値 解説
fromLatLngToDivPixel(pixel) GPoint ドラッグできる地図が持つDOMエレメント内の与えられた地理地点の座標ピクセルを計算する。 カスタムオーバーレイのためのGOverlay.redraw()メソッドを実行する時に、 カスタムオーバーレイの地点のためのこのメソッドが必要。
Computes the pixel coordinates of the given geographical point in the DOM element that holds the draggable map. You need this method to position a custom overlay when you implement the GOverlay.redraw() method for a custom overlay.
fromDivPixelToLatLng(pixel) GLatLng ドラッグ可能な地図のDIV内のピクセル座標から地理地点座標を計算する。 カスタムオーバーレイと相互作用で実行するときこれが必要。
Computes the geographical coordinates from pixel coordinates in the div that holds the draggable map. You need this when you implement interaction with custom overlays.
fromContainerPixelToLatLng(pixel) GLatLng ページ内の地図に含むDOMエレメント内の与えられたピクセル地点の場所の地理地点座標を計算する。 カスタムコントローラーと相互作用する地図を実行するために必要。
Computes the geographical coordinates of the point at the given pixel coordinates in the DOM element that contains the map on the page. You need this when you implement interaction of custom controls with the map.

イベント
Events

イベント 引数 解説
addmaptype type 地図にマップタイプが追加されたとき、このイベントは首。
This event is fired when a map type is added to the map.
removemaptype type 地図からマップタイプが削除されたとき、このイベントは首。
This event is fired when a map type is removed from the map.
click overlay, point 地図がマウスでクリックされたとき、このイベントは首。 マーカー上をクリックしたら、overlay引数内のイベントハンドラにパスされたマーカーのとき、地理座標??
This event is fired when the map is clicked with the mouse. If the click was on a marker, then the marker is passed to the event handler in the overlay argument, and a click event is also fired on the marker. Otherwise, the geographical coordinates of the point that was clicked are passed in the point argument.
movestart 無し
none
このイベントはマップビューの変更が始まったとき首です。 これは、ドラッギングやdragstartイベントの場合、 または地図を変えるメソッドの呼び出しによるによるからです。
This event is fired when the map view starts changing. This can be caused by dragging, in which case a dragstart event is also fired, or by invocation of a method that changes the map view.
move 無し
none
このイベントは首です。アップビューが変わる間、なんとかして再三再四
This event is fired, possibly repeatedly, while the map view is changing.
moveend 無し
none
このイベントは最終マップビューの変更の時首です。
This event is fired when the change of the map view ends.
zoomend oldLevel, newLevel このイベントは新しいズームレベルに達したとき首です。 イベントハンドラは直前と引数としての新しいズームレベルを受け取ります。
This event is fired when the map reaches a new zoom level. The event handler receives the previous and the new zoom level as arguments.
maptypechanged 無し
none
このイベントは他のマップタイプが選ばれたときに首です。
This event is fired when another map type is selected.
infowindowopen 無し
none
このイベントはインフォウィンドウが開いたとき首です。
This event is fired when the info window opens.
infowindowclose 無し
none
このイベントはインフォウィンドウが閉じたとき首です。 もし現在開かれたインフォウィンドウが他のopenInfoWindow*()から呼ばれ 違う場所で再度開かれるなら、infowindowcloseは真っ先に首でしょう。
This event is fired when the info window closes. If a currently open info window is reopened at a different point using another call to openInfoWindow*(), then infowindowclose will fire first.
addoverlay overlay このイベントは単発オーバーレイがaddOverlay()によって地図に加えられたときに首です。 新しいオーバーレイはイベントハンドラのためのoverlay引数として通過します。
This event is fired when a single overlay is added to the map by the method addOverlay(). The new overlay is passed as an argument overlay to the event handler.
removeoverlay overlay このイベントは単発オーバーレイがremoveOverlay()メソッドによって削除されたとき首です。 削除されたオーバーレイはイベントハンドラのためのoverlay引数によって通過します。
This event is fired when a single overlay is removed by the method removeOverlay(). The overlay that was removed is passed as an argument overlay to the event handler.
clearoverlays 無し
none
このイベントは全てのオーバーレイがclearOverlays()メソッドで削除されたときに首です。
This event is fired when all overlays are removed at once by the method clearOverlays().
mouseover latlng このイベントは地図の外からマウスを乗せたときに首です。
This event is fired when the user moves the mouse over the map from outside the map.
mouseout latlng このイベントは地図からマウスをはずしたときに首です。
This event is fired when the user moves the mouse off the map.
mousemove latlng このイベントは地図内でマウスを動かしたときに首です。
This event is fired when the user moves the mouse inside the map.
dragstart 無し
none
このイベントは地図をドラッグし始めたときに首です。
This event is fired when the user starts dragging the map.
drag 無し
none
このイベントは地図をドラッグしているとき再三再四首です。
This event is repeatedly fired while the user drags the map.
dragend 無し
none
このイベントは地図をドラッグし終えたときに首です。
This event is fired when the user stops dragging the map.

GMapOptionsクラス
class GMapOptions

このクラスはGMap2コンストラクタのための代表的なオプション引数です。 それはコンストラクタではないが、リテラルオブジェクトとしてのインスタンスです。
This class represents optional arguments to the GMap2 constructor. It has no constructor, but is instantiated as object literal.

プロパティ
Properties

プロパティ タイプ 解説
size GSize 地図のピクセルサイズを設定します。地図コンストラクタに渡されるところのコンテナは与えられたサイズでリサイズされるだろう。 デフォルトでは地図はコンテナサイズを仮定するでしょう。
Sets the size in pixels of the map. The container that is passed to the map constructor will be resized to the given size. By default, the map will assume the size of its container.
mapTypes Array of GMapType この地図で使用されるところのマップタイプのアレイ。デフォルトではG_DEFAULT_MAP_TYPESが使われる。 地図上に表示されたところもしくは地図上の自身のマップタイプに渡されるところのマップタイプ定義済み関数セットを 制限するためのオプションとして使える。
Array of map types to be used by this map. By default, G_DEFAULT_MAP_TYPES is used. You can use this option to restrict the set of predefined map types that is displayed on the map, or to pass your own map types to the map. See also GMap2.addMapType().

GMapPane一覧
enum GMapPane

これらの定数は地図に表示するオーバーレイで使われるレイヤーシステムを定義する。 それらはアイコンや影、インフォウィンドウ、インフォウィンドウの影のための異なるレイヤーで透過性のマウスイベントがオブジェクトを捕まえる。
These constants define the layering system that is used by overlay to display themselves on the map. There are different layers for icons, shadows, the info window, the shadow on the info window, and transparent mouse event catching objects.

もしGOverlayのサブクラスとするなら、このタイプを使う必要がある。
You need to use this type if you subclass from GOverlay.

一定値
Constants

一定値 解説
G_MAP_MAP_PANE このペインはマーカーの下に動かない影で、まさに地図のトップ。ポリラインのインスタンスを含む。
This pane is still below the shadows of the markers, directly on top of the map. It contains for instance the polylines.
G_MAP_MARKER_SHADOW_PANE このペインはマーカーの影を含む。マーカーの下。
This pane contains the shadows of the markers. It is below the markers.
G_MAP_MARKER_PANE このペインはマーカーを含む。
This pane contains the markers.
G_MAP_FLOAT_SHADOW_PANE このペインはインフォウィンドウの影を含む。G_MAP_MARKER_PANEの上で、 インフォウィンドウの影の中にできる。???
This pane conatains the shadow of the info window. It is above the G_MAP_MARKER_PANE, so that markers can be in the shadow of the info window.
G_MAP_MARKER_MOUSE_TARGET_PANE このペインはマーカーのマウスDOMイベントを受け取る透過性エレメントを含む。 G_MAP_FLOAT_SHADOW_PANEの上で、クリック可能なインフォウィンドウの影ないマーカー。
This pane contains transparent elements that receive DOM mouse events for the markers. Is is above the G_MAP_FLOAT_SHADOW_PANE, so that markers in the shadow of the info window can be clickable.
G_MAP_FLOAT_PANE このペインはインフォウィンドウを含む。地図上で全ての上です。
This pane contains the info window. It is above everything else on the map.

GKeyboardHandlerクラス
class GKeyboardHandler

地図のためにキーボードがもたらすインスタンスクラス。 キー割当は地図アプリケーションのためのと同じ。
Instantiate this class to add keyboard bindings to a map. The key bindings are the same as for the maps application.

キーアクション 上、下、左、右。キーを押している間地図は動き続ける。 対角に動かすために二つのキーが同時に押せる。 page down, page up, home, end方向に沿うとする地図サイズの3/4だけアニメーションでパンする。 これはGLargeMapControlGLargeMapControlにおける矢印ボタンに対応する。 +, -ズームレベルをおのおの一つ変える。 これはGLargeMapControlGSmallMapControlにおける+と-ボタンに相当する。
key action up, down, left, right Moves the map continuously while the key is pressed. Two keys can be pressed simultaneously in order to move diagonally. page down, page up, home, end Pans the map by 3/4 its size in the corresponding direction, with a nice animation. This corresponds to the arrow buttons in the GLargeMapControl and the GLargeMapControl. +, - Zooms one level in or out, respectively. This corresponds to the + and - buttons in the GLargeMapControl and the GSmallMapControl.

コンストラクタ
Constructor

コンストラクタ 解説
GKeyboardHandler(map) 地図が引数として渡されるキーボードイベントハンドラをインストールする。
Installs keyboard event handler for the map passed as argument.

GOverlayインターフェース
interface GOverlay

このインターフェースはMps APIライブラリーのGMarker, GPolyline,そして GInfoWindowのクラスによって実装される。 地図上にカスタムタイプのオーバーレイオブジェクトを表示するなら、それを実装できる。 GOverlayのインスタンスは GMap2.addOverlay()メソッドと共に地図上におくことができる。 地図は初めに地図の上にそれ自体を表示するオーバレイインスタンスのメソッドGOverlay.initialize()を呼び出すだろう。 地図表示が変化するときはいつも、地図は、必要なら、オーバレイがそれ自体の位置を変えることができるように、GOverlay.redraw()を呼び出すだろう。 オーバレイインスタンスは保持する1つ以上のDOMコンテナ要素をつかむGMap2.getPane()メソッドを使用することができます。
This interface is implemented by theGMarker, GPolyline, and GInfoWindow classes in the maps API library. You can implement it if you want to display custom types of overlay objects on the map. An instance of GOverlay can be put on the map with the method GMap2.addOverlay(). The map will then call the method GOverlay.initialize() on the overlay instance to display itself on the map initially. Whenever the map display changes, the map will call GOverlay.redraw() so that the overlay can reposition itself if necessary. The overlay instance can use the method GMap2.getPane() to get hold of one or more DOM container elements to attach itself to.

コンストラクタ
Constructor

コンストラクタ 解説
GOverlay() このコンストラクタはメソッドを実装するダミーを作る。 このクラスから継承するとき、それでも、派生しているクラスのコンストラクタは、完全性のためにこのコンストラクタを呼び出すべきです。
This constructor creates dummy implementations for the methods. Still, when inheriting from this class, your derived class constructor should call this constructor for completeness.

静的メソッド
Static Methods

静的メソッド 戻り値 解説
getZIndex(latitude) Number 与えられた緯度のためのCSSのz-index値を返す。はより遠い北のオーバーレイの上により遠い南のオーバーレイのようなzインデックスを計算して、 それらはマーカーのオーバーレイを3D表現として作っている。
Returns a CSS z-index value for a given latitude. It computes a z index such that overlays further south are on top of overlays further north, thus creating the 3D appearance of marker overlays.

抽象的メソッド
Abstract Methods

抽象的メソッド 戻り値 解説
initialize(map) 無し
none
地図が使うGMap2.addOverlay()のためのオーバーレイが追加された後に地図によって呼び出される。
Called by the map after the overlay is added to the map using GMap2.addOverlay(). The overlay object can draw itself into the different panes of the map that can be obtained using GMap2.getPane().
remove() 無し
none
地図が使っているGMap2.removeOverlay()GMap2.clearOverlays()によって オーバーレイが削除された後に地図によって呼び出される。
Called by the map after the overlay is removed from the map using GMap2.removeOverlay() or GMap2.clearOverlays(). The overlay must remove itself from the map panes here.
copy() GOverlay 地図に追加することができる非初期化してないそれ自体のコピーを返す。
Returns an uninitialized copy of itself that can be added to the map.
redraw(force) 無し
none
地図表示が変化したとき地図から呼ばれます。force引数は ズームレベルかマップビューのピクセルオフセットが変化したならtrueとなるだろう。 ピクセルの調整が再計算必要なように。
Called by the map when the map display has changed. The argument force will be true if the zoom level or the pixel offset of the map view has changed, so that the pixel coordinates need to be recomputed.

GInfoWindowクラス
class GInfoWindow

GInfoWindowはコンストラクタではない。それは地図と それのGMap2.getInfoWindow()メソッドによるアクセスで作成される。
GInfoWindow has no constructor. It is created by the map and accessed by its method GMap2.getInfoWindow().

メソッド
Methods

メソッド 戻り値 解説
selectTab(index) 無し
none
与えられたインデックスのタブを選ぶ。これは対応するタブをクリックしたのと同じである。
Selects the tab with the given index. This has the same effect as clicking on the corresponding tab.
hide() 無し
none
インフォウィンドウを見えなくします。注意:このインフォウィンドウは閉じていないです。 再び見えるようにするにはshow()を使います。 Makes the info window invisible. NOTE: This doesn't close the info window. It can be made visible again using show().
show() 無し
none
現在見えていないインフォウィンドウを見えるようにします。
Makes the info window visible if its currently invisible.
isHidden() 論理値
Boolean
インフォウィンドウが隠されている場合にのみtrueを返します。 これはそれが閉じた状態を含みます。
Returns true iff the info window is hidden. This includes the state that it's closed.
reset(point, tabs, size, offset?, selectedTab?) 無し
none
インフォウィンドウ状態のリセット。それぞれの引数はnullかもしれず、 その値が現在の値から変更されないであろう。
Resets the state of the info window. Each argument may be null and then its value will not be changed from the current value.
getPoint() GLatLng インフォウィンドウがアンカーされた地理ポイントを返す。 ???窓の先は地図、画素が相殺した法でこの位まで指します。???
Returns the geographical point at which the info window is anchored. The tip of the window points to this point on the map, modulo the pixel offset.
getPixelOffset() GSize インフォウィンドウの先端をオフセットをピクセルで返します。???
Returns the offset, in pixels, of the tip of the info window from the point on the map at whose geographical coordinates the info window is anchored.
getSelectedTab() Number 現在選択されたタブのゼロから始まるインデックスを返します。
Returns the index, starting at 0, of the current selected tab.

イベント
Events

イベント 引数 解説
closeclick 無し
none
このイベントはインフォウィンドウの閉じるボタンがクリックされたとき首です。 このイベントのイベントハンドラはGMap2.closeInfoWindow()メソッドを呼び出すことによって インフォウィンドウを閉じるために実装できます。
This event is fired when the info window close button is clicked. An event handler for this event can implement to close the info window, by calling the GMap2.closeInfoWindow() method.

GInfoWindowTabクラス
class GInfoWindowTab

このクラスのインスタンスの配列は GMap2.openInfoWindowTabs(), GMap2.openInfoWindowTabsHtml(), GMarker.openInfoWindowTabs(), そして GMarker.openInfoWindowTabsHtml()これらメソッドの為の tabs引数としてわたされることができる。 もし配列が一つ以上のエレメントを含むならインフォウィンドウはタブによって示されるだろう。 全てのInfoWindowTabオブジェクトは二つのアイテム: (タブは選ばれた、そしてlabelで定義されたタブのラベル)を含みます。 プロパティはコンストラクタのための引数として渡される。 openInfoWindowTabs()メソッドのため contentはDOMノードです。 openInfoWindowTabsHtml()のため、 contentはHTMLテキストを含む文字列です。
An array of instances of this class can be passed as the tabs argument to the methods GMap2.openInfoWindowTabs(), GMap2.openInfoWindowTabsHtml(), GMarker.openInfoWindowTabs(), and GMarker.openInfoWindowTabsHtml(). If the array contains more than one element, the info window will be shown with tabs. Every InfoWindowTab object contains two items: content defines the content of the info window when the tab is selected, and label defines the label of the tab. The properties are passed as arguments to the constructor. For the openInfoWindowTabs() methods, content is a DOM Node. For the methods openInfoWindowTabsHtml(), content is a string that contains HTML text.

コンストラクタ
Constructor

コンストラクタ 解説
GInfoWindowTab(label, content) インフォウィンドウタブデータ構造を作るのはopenInfoWindowTabs*()メソッドの為の tabs引数によって渡される。
Creates an info window tab data structure that can be passed in the tabs argument to openInfoWindowTabs*() methods.

GInfoWindowOptionsクラス
class GInfoWindowOptions

このクラスのインスタンスはGMap2クラスと GMarkeropenInfoWindow(), openInfoWindowHtml(), openInfoWindowTabs(), openInfoWindowTabsHtml(), そして showMapBlowup()メソッドの opts?引数で使われる。
Instances of this class are used in the opts? argument to the methods openInfoWindow(), openInfoWindowHtml(), openInfoWindowTabs(), openInfoWindowTabsHtml(), and showMapBlowup() of classes GMap2 and GMarker. There is no constructor for this class. Instead, this class is instantiated as javascript object literal.

プロパティ
Properties

このクラスの名前が示すように、すべての特性が任意です。
As the name of this class indicates, all properties are optional.

プロパティ タイプ 解説
selectedTab Number 最初のタブの代わりに、0から始まる与えられたインデックスのタブ選ぶ
Selects the tab with the given index, starting at 0, instead of the first tab (with index 0).
maxWidth Number ピクセルでインフォウィンドウコンテンツの最大の幅
Maximum width of the info window content, in pixels.
onOpenFn Function インフォウィンドウ開かれ、コンテンツが表示された後呼ばれる関数
Function is called after the info window is opened and the content is displayed.
onCloseFn Function インフォウィンドウが閉じられたときに呼び出される関数
Function is called when the info window is closed.
zoomLevel Number showMapBlowup()だけに適切。インフォウィンドウで暴走のズームレベル?
Pertinent for showMapBlowup() only. The zoom level of the blowup map in the info window.
mapType GMapType showMapBlowup()だけに適切。インフォウィンドウで暴走のマップタイプ?
Pertinent for showMapBlowup() only. The map type of the blowup map in the info window.

GMarkerクラス
class GMarker

GMarkerは地図上の場所をマークする。 それはGMap2.addOverlay()メソッドを使用することで GOverlayインターフェースを実装し、地図に追加される。
A GMarker marks a position on the map. It implements the GOverlay interface and thus is added to the map using the GMap2.addOverlay() method.

マーカーオブジェクトは地図にくくりつけられる地理座標のところのpointをもち、 一つのiconをもつ。 もしiconがコンストラクタでセットされていないと、 デフォルトアイコンのG_DEFAULT_ICONが使われる。 A marker object has a point, which is the geographical position where the marker is anchored on the map, and an icon. If the icon is not set in the constructor, the default icon G_DEFAULT_ICON is used.

地図に追加された後に、地図上のインフォウィンドウはマーカーを通して開かれる。 マーカーオブジェクトはマウスイベントとインフォウィンドウイベントを首にするだろう。
After it is added to a map, the info window of that map can be opened through the marker. The marker object will fire mouse events and infowindow events.

コンストラクタ
Constructor

コンストラクタ 解説
GMarker(point, icon?, inert?) iconG_DEFAULT_ICONと共にマーカーを pointに作ります。もしinerttrueなら、マーカーはクリックできなくなり、全てのイベントが首にならないだろう。
Creates a marker at point with icon or the G_DEFAULT_ICON. If the inert flag is true, then the marker is not clickable and will not fire any events.

メソッド
Methods

それらのメソッドの前に発動される、マーカーは地図につかされるべき。
Before these methods can be invoked, the marker must be added to a map.

メソッド 戻り値 解説
openInfoWindow(content, opts?) 無し
none
マーカーのアイコンの上にインフォウィンドウが開く。インフォウィンドウのコンテンツはDOMノードとして与えられる。 GInfoWindowOptions.maxWidthオプションのみ適用できる。
Opens the map info window over the icon of the marker. The content of the info window is given as a DOM node. Only option GInfoWindowOptions.maxWidth is applicable.
openInfoWindowHtml(content, opts?) 無し
none
マーカーアイコンの上にマップインフォウィンドウを開く。インフォウィンドウのコンテンツはHTMLテキストとして与えられる。 GInfoWindowOptions.maxWidthオプションのみ適用できる。
Opens the map info window over the icon of the marker. The content of the info window is given as a string that contains HTML text. Only option GInfoWindowOptions.maxWidth is applicable.
openInfoWindowTabs(tabs, opts?) 無し
none
マーカーアイコン上にタブつきマップインフォウィンドウを開ける。インフォウィンドウのコンテンツはDOMノードを含むタブのアレイとして与えられる。 GInfoWindowOptions.maxWidthInfoWindowOptions.selectedTabのみ 適用できる。
Opens the tabbed map info window over the icon of the marker. The content of the info window is given as an array of tabs that contain the tab content as DOM nodes. Only options GInfoWindowOptions.maxWidth and InfoWindowOptions.selectedTab are applicable.
openInfoWindowTabsHtml(tabs, opts?) 無し
none
マーカーアイコン上にタブつきインフォウィンドウを開ける。インフォウィンドウのコンテンツはHTMLテキストを含む 文字列としてタブコンテンツを含むアレイとして与えられる。
Opens the tabbed map info window over the icon of the marker. The content of the info window is given as an array of tabs that contain the tab content as Strings that contain HTML text. Only options InfoWindowOptions.maxWidth and InfoWindowOptions.selectedTab are applicable.
showMapBlowup(opts?) 無し
none
マーカーアイコン上にインフォウィンドウを開く。インフォウィンドウのコンテンツはマーカーポジションの周りを クローズアップする。
Opens the map info window over the icon of the marker. The content of the info window is a closeup map around the marker position. Only options InfoWindowOptions.zoomLevel and InfoWindowOptions.mapType are applicable.
getIcon() GIcon コンストラクタのセットとして、マーカーのiconを返す。
Returns the icon of this marker, as set by the constructor.
getPoint() GLatLng コンストラクタかsetPoint()によってセットされるように、 このマーカーが配置された地理的座標を返す。
Returns the geographical coordinates of the point at which this marker is anchored, as set by the constructor or by setPoint().
setPoint(point) 無し
none
マーカーが据え付けられた地理座標をセットする。
Sets the geographical coordinates of the point at which this marker is anchored.

イベント
Events

マーカーが不活性でない場合のみ、これら全てのイベントは首です。
All these events fire only if the marker is not inert (see constructor).

イベント 引数 解説
click 無し
none
このイベントはマーカーアイコンがクリックされたときに首です。 このイベントの注意はイベントハンドラの第1引数として渡されたマーカー???
This event is fired when the marker icon was clicked. Notice that this event will also fire for the map, with the marker passed as the first argument to the event handler there.
dblclick 無し
none
このイベントはマーカーアイコンがダブルクリックされたとき首です。 このイベントは???
This event is fired when the marker icon was double-clicked. Notice that this event will not fire for the map, because the map centers on double-click as a hardwired behavior.
mousedown 無し
none
このイベントはマーカーアイコン上で???
This event is fired when the DOM mousedown event is fired on the marker icon. Notice that the marker will stop the mousedown DOM event, so that it doesn't cause the map to start dragging.
mouseup 無し
none
このイベントはマーカー上のDOMマウスアップのために首です。マーカーがDOMマウスダウンイベントをとめないのに注意してください。 なぜなら、地図のドラッグハンドラを混乱させないためです。
This event is fired for the DOM mouseup on the marker. Notice that the marker will not stop the mousedown DOM event, because it will not confuse the drag handler of the map.
mouseover 無し
none
マウスがマーカーアイコンの領域に入るとき、この出来事は首します。
This event is fired when the mouse enters the area of the marker icon.
mouseout 無し
none
マウスがマーカーアイコンの領域を去るとき、この出来事は首します。
This event is fired when the mouse leaves the area of the marker icon.
infowindowopen 無し
none
地図のインフォメーションウィンドウがこのマーカーを通して開けられたとき、この出来事は首します。
This event is fired when the info window of the map was opened through this marker.
infowindowclose 無し
none
このマーカーを通して開かれた地図のインフォメーションウィンドウが再び閉じられるとき、この出来事は首します。 インフォメーションウィンドウが閉じられたか、またはそれが別のマーカーの上、または、地図の上で開かれたとき、これは起こります。
This event is fired when the info window of the map that was opened through this marker is closed again. This happens when either the info window was closed, or when it was opened on another marker, or on the map.
remove 無し
none
GMap2.removeOverlay()GMap2.clearOverlays()を使用して マーカーが地図から取り外されるとき、このイベントは首です。
This event is fired when the marker is removed from the map, using GMap2.removeOverlay() or GMap2.clearOverlays().

GPolylineクラス
class GPolyline

これは地図上にポリラインを描くマップオーバーレイです。???
This is a map overlay that draws a polyline on the map, using the vector drawing facilities of the browser if they are available, or an image overlay from Google servers otherwise.

コンストラクタ
Constructor

コンストラクタ 解説
GPolyline(points, color?, weight?, opacity?) アレイからポリラインを作ります。colorは16進数RRGGBBを含む文字列として与えられる。 weightはピクセルでの線幅。不透明度は0から1の間の数値で与えられる。線はアンリエイリアスか半透明である。
Creates a polyline from an array of vertices. The color is given as a string that contains the color as a hexadecimal number RRGGBB. The weight is the width of the line in pixels. The opacity is given as a number between 0 and 1. The line will be antialiased and semitransparent.

イベント
Events

イベント 引数 解説
remove 無し
none
このイベントはGMap2.removeOverlay()GMap2.clearOverlays()を使って 地図から削除されたときに首です。
This event is fired when the polyline is removed from the map, using GMap2.removeOverlay() or GMap2.clearOverlays().

GIconクラス
class GIcon

アイコンは地図上にGMarkerを表示する為に使われるイメージの指定をします。 ブラウザ互換性のためにアイコンを指定するのは実際にかなり複雑です。 もし自身のを指定したくないなら、デフォルトのG_DEFAULT_ICONを使えるのに注意してください。
An icon specifies the images used to display a GMarker on the map. For browser compatibility reasons, specifying an icon is actually quite complex. Note that you can use the default Maps icon G_DEFAULT_ICON if you don't want to specify your own.

コンストラクタ
Constructor

コンストラクタ 解説
GIcon(copy?, image?) 新しいアイコンオブジェクトを作ります。もし他のアイコンがcopy引数オプションで与えられたら、 プロパティはコピーされ、他の方法でそれらは空のままにされます。
Creates a new icon object. If another icon is given in the optional copy argument, its properties are copied, otherwise they are left empty. The optional argument image sets the value of the image property.

定数
Constants

一定値 解説
G_DEFAULT_ICON マーカーによるデフォルトのアイコンを使う。
The default icon used by markers.

プロパティ
Properties

プロパティ タイプ 解説
image String アイコンのフォアグラウンド画像URL。
The foreground image URL of the icon.
shadow String アイコンの影画像URL。
The shadow image URL of the icon.
iconSize GSize アイコンに関するフォアグラウンド画像のピクセルサイズ。
The pixel size of the foreground image of the icon.
shadowSize GSize 影画像のピクセルサイズ。
The pixel size of the shadow image.
iconAnchor GPoint 地図に括り付けられたアイコン画像の左上角と関連のあるピクセル座標??
The pixel coordinate relative to the top left corner of the icon image at which this icon is anchored to the map.
infoWindowAnchor GPoint これに括り付けられたインフォウィンドウの左上角と関連のあるピクセル座標??
The pixel coordinate relative to the top left corner of the icon image at which the info window is anchored to this icon.
printImage String 印刷された地図に使うフォアグラウンドアイコンイメージのURL。 それはimageで与えられたメインアイコンと同じサイズであるべき。
The URL of the foreground icon image used for printed maps. It must be the same size as the main icon image given by image.
mozPrintImage String Firefox/Mozillaで印刷された地図に使うフォアグラウンドアイコンイメージのURL。 それはimageで与えられたメインアイコンと同じサイズであるべき。
The URL of the foreground icon image used for printed maps in Firefox/Mozilla. It must be the same size as the main icon image given by image.
printShadow String 印刷された地図に使う影画像のURL。それはほとんどのブラウザがPNGを印刷できないのでGIF画像であるべきだろう。
The URL of the shadow image used for printed maps. It should be a GIF image since most browsers cannot print PNG images.
transparent String IEイベントが捕まえるために使われるフォアグラウンドアイコン画像の実際に透明なバージョンURL。 この画像は1%の不透明度のメインアイコンの24ビットPNGバージョン、だが、メインアイコンとして同じ形とサイズ?
The URL of a virtually transparent version of the foreground icon image used to capture click events in Internet Explorer. This image should be a 24-bit PNG version of the main icon image with 1% opacity, but the same shape and size as the main icon.
imageMap Array of Number IEのほかのブラウザでのアイコン画像のクリックできる部分を設定するために使われるであろう イメージマップのX/Y座標の整数の配列。
An array of integers representing the x/y coordinates of the image map we should use to specify the clickable part of the icon image in browsers other than Internet Explorer.

GPointクラス
class GPoint

GPointはピクセル座標の地図上の場所を表す。Version2での注意は、 地理座標による地球上の場所を表すものではない。地理座標はGLatLng によって表す。
A GPoint represents a point on the map by its pixel coordinates. Notice that in v2, it doesn't represent a point on the earth by its geographical coordinates anymore. Geographical coordinates are now represented by GLatLng.

地図の座標システムでは、x座標は左に増え、 yは下方に向く。
In the map coordinate system, the x coordinate increases to the left, and the y coordinate increases downwards.

GPointの2つのパラメタが xyのプロパティ としてアクセス可能ですが、代わりに異なったパラメータで新しい物を作成するようにそれらを決して変更していないほうが よいのに注意してください。
Notice that while the two parameters of a GPoint are accessible as properties x and y, it is better to never modify them, but to create a new object with different paramaters instead.

コンストラクタ
Constructor

コンストラクタ 解説
GPoint(x, y) GPointオブジェクトを作る。
Creates a GPoint object.

プロパティ
Properties

プロパティ タイプ 解説
x Number x座標、左に増える。
x coordinate, increases to the left.
y Number y座標。下方に増える。
y coordinate, increases downwards.

メソッド
Methods

メソッド 戻り値 解説
equals(other) 論理値
Boolean
他の地点が同等の座標の場合にのみtrueを返す。
Returns true iff the other point has equal coordinates.
toString() String カンマで分けられたxとyの順の座標を含む文字列を返す。
Returns a string that contains the x and y coordinates, in this order, separated by a comma.

GSizeクラス
class GSize

GSizeは地図内の矩形エリアのピクセルサイズです。 このサイズオブジェクトはwidthheightの 二つのパラメータを持っている。幅はx座標の違い。高さはy座標の違い。
A GSize is the size in pixels of a rectangular area of the map. The size object has two parameters, width and height. Width is a difference in the x-coordinate; height is a difference in the y-coordinate, of points.

GSizeの2つのパラメタが特性のwidthheightとしてアクセス可能ですが、 しかし、代わりに異なったパラメータで新しい物を作成するようにそれらを決して変更していないほうがよいのに注意してください。
Notice that while the two parameters of a GSize are accessible as properties width and height, it is better to never modify them, but to create a new object with different paramaters instead.

コンストラクタ
Constructor

コンストラクタ 解説
GSize(width, height) GSizeオブジェクトを作ります。
Creates a GSize object.

プロパティ
Properties

プロパティ タイプ 解説
width Number 幅のパラメータ
The width parameter.
height Number 高さのパラメータ
The height parameter.

メソッド
Methods

メソッド 戻り値 解説
equals(other) 論理値
Boolean
他方のサイズがコンポーネントと等しい場合にのみtrueを返します。
Returns true iff the other size has exactly equal components.
toString() String 幅と高さを含むパラメタをカンマによってこの順で区切られたストリングを返します。
Returns a string that contains the wdith and height parameter, in this order, separated by a comma.

GBoundsクラス
class GBounds

GBoundsはピクセル座標の矩形エリアです。 注意として、地理座標の矩形はGBoundsLatLngオブジェクトによって表されます。
GBounds is a rectangular area of the map in pixel coordinates. Notice that a rectangle in geographical coordinates is represented by a GBoundsLatLng object.

コンストラクタ
Constructor

コンストラクタ 解説
GBounds(points) pointsによって与えられた全てを含む矩形を作る。
Constructs a rectangle that contains all the given points.

プロパティ
Properties

プロパティ タイプ 解説
minX Number 矩形の左端x座標
The x coordinate of the left edge of the rectangle.
minY Number 矩形の上端y座標
The y coordinate of the top edge of the rectangle.
maxX Number 矩形の右端x座標
The x coordinate of the right edge of the rectangle.
maxY Number 矩形の下端y座標
The y coordinate of the bottom edge of the rectangle.

メソッド
Methods

メソッド 戻り値 解説
toString() String 箱の左上と右下の座標をこの順でカンマによって区切られ括弧で括られた文字列を返します。
Returns a string that contains the coordinates of the upper left and the lower right corner points of the box, in this order, separated by comma, surrounded by parentheses.
min() GPoint 箱の左上隅の地点
The point at the upper left corner of the box.
max() GPoint T箱の右下隅の地点
he point at the lower right corner of the box.
containsBounds(other) 論理値
Boolean
他方の箱がこの箱を完全に含む場合にのみtrueを返します。
Returns true iff the other box is entirely contained in this box.
extend(point) 無し
none
また、ポイントがこの箱に含まれているように、この箱を拡大します??
Enlarges this box so that the point is also contained in this box.
intersection(other) GBounds 他の箱が重ねられた箱を返します。重ねられないならからの箱を返します。
Returns the box by which this box overlaps the other box. If there is no overlap, returns an empty box.

GLatLngクラス
class GLatLng

GLatLngは地理座標の経度と緯度地点です。
GLatLng is a point in geographical coordinates longitude and latitude.

注意として、地図投影法はx座標として経度、y座標として緯度が関連付け使われ、経度が始めに書かれ、経度がそれに続くが それは地図作成法でカスタムです。???
Notice that although usual map projections associate longitude with the x-coordinate of the map, and latitude with the y-coordinate, the latitude cooridnate is always written first, followed by the longitude, as it is custom in cartography.

注意としてGLatLngの座標変更ができない。 もし他の地点を計算したいなら、もうひとつ新しいのを作らなければならない。
Notice also that you cannot modify the coordinates of a GLatLng. If you want to compute another point, you have to create a new one.

コンストラクタ
Constructor

コンストラクタ 解説
GLatLng(lat, lng, unbounded?) 緯度と経度の順番に注意してください。もしunboundedフラグが trueなら、数は通過されるように使用されるでしょう、 そして、さもなければ、緯度は-90度と+90度の間展開するために固定されるでしょう、そして、 経度は-180度と+180度の間展開されるためにおおわれるでしょう。
Notice the ordering of latitude and longitude. If the unbounded flag is true, then the numbers will be used as passed, oterwise latitude will be clamped to lie between -90 degrees and +90 degrees, and longitude will be wrapped to lie between -180 degrees and +180 degrees.

メソッド
Methods

メソッド 戻り値 解説
lat() Number -90から+90の間の数値として度で緯度座標を返します。もしunboundedフラグが コンストラクタでセットされていれば、この座標はこのかんかんかくの外もできます。
Returns the latitude coordinate in degrees, as a number between -90 and +90. If the unbounded flag was set in the constructor, this coordinate can be outside this interval.
lng() Number -180から+180の間の数値として度で経度座標を返します。 もしunboundedフラグがコンストラクタでセットされていれば、 この座標はこの間隔の外もできます。
Returns the longitude coordinate in degrees, as a number between -180 and +180. If the unbounded flag was set in the constructor, this coordinate can be outside this interval.
latRadians() Number -PI/2から+PI/2の間の数値として緯度座標をラジアンで返します。 もしunboundedフラグがコンストラクタでセットされていれば、 この座標はこの間隔の外もできます。
Returns the latitude coordinate in radians, as a number between -PI/2 and +PI/2. If the unbounded flag was set in the constructor, this coordinate can be outside this interval.
lngRadians() Number -PIと+PIの間の数値として経度座標をラジアンで返します。 もしunboundedフラグがコンストラクタでセットされていれば、 この座標はこの間隔の外もできます。
Returns the longitude coordinate in radians, as a number between -PI and +PI. If the unbounded flag was set in the constructor, this coordinate can be outside this interval.
equals(other) 論理値
Boolean
他方のサイズが???等しいコンポーネントを持っている場合にのみtrueを返します。
Returns true iff the other size has equal components, within certain roundoff margins.
distanceFrom(other) Number メートルでこの地点から与えられた地点の距離を返します。 地球は球として近似されています、したがって、距離が最大0.3%オフであるかもしれません。
Returns the distance, in meters, from this point to the given point. The earth is approximated as a sphere, hence the distance could be off by as much as 0.3%.
toUrlValue() String URLパラメータ値として使用に適したこのポイントを表すストリングを返します。 それは緯度経度をスペース無しでカンマで区切られこの順序の6つの10進数による度で含んでいる。
Returns a string that represents this point that is suitable for use as a URL paramater value. It contains the latitude and the longitide in degrees to 6 decimal digits, in this order, separated by a comma, without whitespace.

プロパティ
Properties

これらのプロパティはVersion1のイベントハンドラ関数のためだけに後方互換のために存在する。 それらは使うべきではない。
These properties exist for backwards compatibility with v1 event handler functions only. They should not be used.

これらのプロパティはlng() and lat()の値を 返す写しである。?????
These properties mirror the return values of the lng() and lat() accessor methods and they allow a GLatLng to appear in places where a GPoint is expected by a v1 client. This is necessary where GLatLng appears in event details (i.e. in arguments of event handler functions). In contrast to method wrappers, it is impossible in the current infrastructure to create event wrappers.

プロパティ タイプ 解説
x Number Deprecated.
y Number Deprecated.

GLatLngBoundsクラス
class GLatLngBounds

GLatLngBoundsインスタンスは180度子午線を交差したものを含む地理座標の矩形の代理です。
A GLatLngBounds instance represents a rectangle in geographical coordinates, including one that crosses the 180 degrees meridian.

コンストラクタ
Constructor

コンストラクタ 解説
GLatLngBounds(sw?, ne?) 南西と北東角のところの場所からの矩形を作る。
Constructs a rectangle from the points at its south-west and north-east corners.

メソッド
Methods

メソッド 戻り値 解説
equals(other) 論理値
Boolean
この矩形の全てのパラメータが???他のパラメータと同じ場合にのみ、trueを返す。
Returns true iff all parameters in this rectangle are equal to the parameters of the other, within a certain roundoff margin.
contains(latlng) 論理値
Boolean
この矩形に展開される地理座標の場合にのみtrueを返す。
Returns true iff the geographical coordinates of the point lie within this rectangle.
intersects(other) 論理値
Boolean
名前が言うこと。
What the name says.
containsBounds(other) 論理値
Boolean
名前が言うこと。
What the name says.
extend(latlng) 無し
none
与えられた地点を含んだような矩形を拡張する。経度では、2つの方法で???
Enlarges this rectangle such that it contains the given point. In longitude direction, it is enlarged in the smaller of the two possible ways. If both are equal, it is enlarged at the eastern boundary.
getSouthWest() GLatLng 矩形の南西かどの地点を返す。
Returns the point at the south-west corner of the rectangle.
getNorthEast() GLatLng 矩形の北東角の地点を返す。
Returns the point at the north-east corner of the rectangle.
toSpan() GLatLng 矩形のサイズに変わる地点のGLatLngを返す。
Returns a GLatLng whose cordinates represent the size of this rectangle.
isFullLat() 論理値
Boolean
もし矩形が南極から北極まで拡張されるならtrueを返す。??
Returns true if this rectangle extends from the south pole to the north pole.
isFullLng() 論理値
Boolean
もし矩形が経度において地球をまわるならtrueを返す。 Returns true if this rectangle extends fully around the earth in the longitude direction.
isEmpty() 論理値
Boolean
矩形が空ならtrueを返す。
Returns true if this rectangle is empty.

GControlインターフェース
interface GControl

このインターフェースは全てのコントローラーによって実装される。地図のためのカスタムコントローラを実装できる。 コントローラはGMap2.addControl()メソッドを使い追加される。
This interface is implemented by all controls. You can implement it in order to provide a custom control for the map. Controls are added to the map using the GMap2.addControl() method.

??
In contrast to overlays, which are positioned relative to the map, controls are positioned relative to the map view, i.e. they don't move when the map moves.

コンストラクタ
Constructor

コンストラクタ 解説
GControl(printable?, selectable?) 新しいコントロールクラスのプロトタイプインスタンスを作る。printableフラグは???
Creates the prototype instance for a new control class. Flag printable indicates that the control should be visible in the print output of the map. Flag selectable indicates that the control will contain text that should be selectable.

メソッド
Methods

これらのメソッドはGMap2.addControl()を使ってコントロールが追加された地図から呼び出される。 それらは、あなたによって呼び出せないが、実装はできるだろう。
These methods will be called by the map when the control is added to the map using GMap2.addControl(). Thus, these methods will not be called by you, but they will be implemented by you.

メソッド 戻り値 解説
printable() 論理値
Boolean
コントロールが出力できるなら地図に返す。
Returns to the map if the control should be printable.
selectable() 論理値
Boolean
選択できるテキストを含むコントロールなら地図に返す。
Returns to the map if the control contains selectable text.
initialize(map) Node 地図によって呼び出されるであろうコントローラーはそれ自身で初期化される。 コントロールは地図を含むDOM要素をつかんで、それにそれ自体を加える GMap2.getContainer()メソッドを使用するでしょう。 それは加えられた要素を返します。
Will be called by the map so the control can initialize itself. The control will use the method GMap2.getContainer() to get hold of the DOM element that contains the map, and add itself to it. It returns the added element.
getDefaultPosition() GControlPosition コントロールがデフォルトで現れるマップビューにおける位置を地図に返します。
Returns to the map the position in the map view at which the control appears by default. This will be overridden by the second argument to GMap2.addControl().

GControlPositionクラス
class GControlPosition

このクラスはマップビューにおけるコントローラの場所を記述する。それはコントロールがどこに置かれるか、 そして、この位置を決定するオフセットに比例して角から成ります。 任意の引数positionとしてGMap2.addControl()メソッドに渡すことができます、そして、GControl.getDefaultPosition()メソッドからそれを返します。
This class described the position of a control in the map view. It consists of a corner relative to where the control is postioned, and an offset that determines this position. It can be passed as optional argument position to the method GMap2.addControl(), and it is returned from method GControl.getDefaultPosition().

コンストラクタ
Constructor

コンストラクタ 解説
GControlPosition(anchor, offset) コントロール位置のための仕様を作成します。
Creates a specification for a control position.

GControlAnchor一覧
enum GControlAnchor

一定値
Constants

一定値 解説
G_ANCHOR_TOP_RIGHT コントロールは地図の右隅上部に据えつけられるでしょう。
The control will be anchored in the top right corner of the map.
G_ANCHOR_TOP_LEFT コントロールは地図の左隅上部に据えつけられるでしょう。
The control will be anchored in the top left corner of the map.
G_ANCHOR_BOTTOM_RIGHT コントロールは地図の右隅下部に据えつけられるでしょう。
The control will be anchored in the bottom right corner of the map.
G_ANCHOR_BOTTOM_LEFT コントロールは地図の左隅下部に据えつけられるでしょう。
The control will be anchored in the bottom left corner of the map.

GControlクラス
class GControl

GControlインターフェースの実装は利用可能です。
These implementations of interface GControl are available.

コンストラクタ
Constructor

コンストラクタ 解説
GSmallMapControl() 4方向のパンボタンとズームイン、スームアウトボタンのコントローラーを作ります。
Creates a control with buttons to pan in four directions, and zoom in and zoom out.
GLargeMapControl() 4方向のパンボタンと、ズームイン、ズームアウトとズームスライダーのコントローラーを作ります。
Creates a control with buttons to pan in four directions, and zoom in and zoom out, and a zoom slider.
GSmallZoomControl() ズームインとズームアウトボタンのコントローラーを作ります。
Creates a control with buttons to zoom in and zoom out.
GScaleControl() マップスケールを表示するコントローラーを作ります。
Creates a control that displays the map scale.
GMapTypeControl() マップタイプを変えるボタンのコントローラーを作ります。
Creates a control with buttons to switch between map types.

GMapTypeクラス
class GMapType

いくつかの定義済みのマップタイプ。このクラスはカスタムマップタイプを定義するのに使われる。 地図に渡されるとき、GMap2コンストラクタもしくは GMap2.addMapType()が使われます。
The are some predefined map types. This class can be used to define custom map types. In order to pass them to the map, use the GMap2 constructor, or the GMap2.addMapType() method.

このクラスはサブクラスにもなる。コンストラクタの引数はプロトタイプとしてのインスタンスの場合省略される。 コンストラクタのサブクラスはcall()を使い GMapTypeコンストラクタを呼び出すべき。
This class can also be subclassed. Constructor arguments can be omitted if instantiated as a prototype. A subclass constructor must invoke the GMapType constructor using call().

コンストラクタ
Constructor

コンストラクタ 解説
GMapType(layers, projection, name, opts?) 地図タイプの作成。タイル状のレイヤー、投影図法、名前、およびオプションパラメタ。
Constructs a map type with the given tile layers, projection, name, and optional parameters.

メソッド
Methods

これらのメソッドはほとんどこのmaptypeが渡される地図によって呼ばれますが、ときには地図の外から呼ばれるかもしれません(例えば、getBoundsZoomLevel())。 These methods are mostly called by the map that this maptype is passed to, but some methods may also be called from outside the map, e.g. getBoundsZoomLevel().

メソッド 戻り値 解説
getSpanZoomLevel(center, span, viewSize) Number 地図セクションによってピクセルサイズで与えられたマップビューに収まるようセンターとスパンを定義しズームレベルで地図に返します。
Returns to the map the zoom level at which the map section defined by center and span fits into the map view of the given size in pixels.
getBoundsZoomLevel(bounds, viewSize) 無し
none
領域がピクセルで与えられたサイズのマップビューに収まるように定義された地図セクションのズームレベルを地図に返します。
Returns to the map the zoom level at which the map section defined by bounds fits into the map view of the given size in pixels.
getName(opt_short) String ボタンのラベルとしてGMapTypeControlで使用されるために地図タイプの名前を地図に返します。
Returns to the map the name of the map type to be used as the button label in the GMapTypeControl.
getProjection() GProjection この地図タイプの投影図法を地図に返します。
Returns to the map the projection of this map type.
getTileSize() Number この地図タイプのタイルサイズをピクセルで地図に返します。 タイルが二次であると思われます。 すべてのタイルレイヤーには、同じタイルサイズがあります。???
Returns to the map the map tile size in pixels of this map type. The tiles are assumed to be quadratic. All tile layers have the same tile size.
getTileLayers() Array of GTileLayer タイルレイヤーの配列を地図に返します。
Returns to the map the array of tile layers.
getMinimumResolution(latlng?) Number このマップタイプが定義された最低レベルのズームレベルを地図に返します。
Returns to the map the lowest zoom level at which this map type is defined.
getMaximumResolution(latlng?) Number この地図タイプが定義された最高レベルのズームレベルを地図に返します。
Returns to the map the highest zoom level at which this map type is defined.
getTextColor() String 地図の上でかぶせられるテキストに最も良い使用する色を地図に返します。 copyroghtコントロールで表示された著作権メッセージのテキストの色において、使用されています。
Returns to the map the color that is best used for text that is overlaid on the map. Used for the color of the text of the copyright message displayed by the copyroght control.
getLinkColor() String 地図の上でかぶせられるハイパーリンクに最も良い使用する色を地図に返します。 copyroghtコントロールで表示された使用条件へのリンクの色において、使用されています。
Returns to the map the color that is best used for a hyperlink that is overlaid on the map. Used for the color of the link to the terms of use displayed by the copyroght control.
getErrorMessage() String この地図タイプが地図タイルを持っていないところの領域かズームレベルの上に表示されるエラーメッセージを地図に返します。
Returns to the map the error message that is displayed in areas or on zoom level where this map type doesn't have map tiles.
getCopyright(bounds, zoom) String 与えられたズームレベルにおけるboundsによって説明された領域に、適切な著作権メッセージを地図に返します。 これは、地図に関する著作権メッセージを表示するのにGCopyrightControlによって使用されます。
Returns to the map the copyright message that is appropriate for the region described by bounds at the given zoom level. This is used by the GCopyrightControl to display the copyright message on the map.
getUrlArg() String この地図タイプを特定するのに現在のマップビューでpermalinksで使用されるURL paramater値を地図に返します。 これは現在、地図アプリケーションで使用されるだけです。
Returns to the map a value that is used as a URL paramater value to identify this map type in permalinks to the current map view. This is currently only used by the maps application.

一定値
Constants

一定値 解説
G_NORMAL_MAP 通常の通り地図
This is the normal street map type.
G_SATELLITE_MAP Google Earthのサテライト画像を見せる地図タイプ
This map type shows Google Earth satellite images.
G_HYBRID_MAP Google Earth画像に通り地図を透過したマップタイプ
This map type shows transparent street maps over Google Earth satellite images.
G_DEFAULT_MAP_TYPES 上で説明された事前に定義したマップタイプ3つ全部の配列。
An array of all three predefined map types described above.

イベント
Events

イベント 引数 解説
newcopyright copyright 新しい著作権がこのマップタイプに含まれたタイルレイヤーの1つの著作権収集に追加されるとき、このイベントは首です。
This event is fired when a new copyright is added to the copyright collection of one of the tile layers contained in this map type.

GMapTypeOptionsクラス
class GMapTypeOptions

このクラスのインスタンスはGMapTypeコンストラクタのopts? 引数として使用される。 このクラスのコンストラクタではありません。 代わりに、このクラスはjavascriptオブジェクトリテラルとしてのインスタンスです。???
Instances of this class are used as the opts? argument to the GMapType constructor. There is no constructor for this class. Instead, this class is instantiated as a javascript object literal.

プロパティ
Properties

プロパティ タイプ 解説
shortName String GMapType.getName(true)で返されるマップタイプの短い名前がセットされる。 デフォルトではnameと同じです。
Sets the short name of the map type that is returned from GMapType.getName(true). Default is the same as the name.
urlArg String GMapType.getUrlArg()から返されるマップタイプのURL引数がセットされる。 デフォルトでは空文字列です。
Sets the url argument of the map type that is returned from GMapType.getUrlArg(). Default is the empty string.
maxResolution Number GMapType.getMaximumResolution()によって返される、このマップタイプの最大ズームレベルがセットされる。 デフォルトは全てのタイルレイヤーの最大値です。
Sets the maximum zoom level of this map type, returned by GMapType.getMaximumResolution(). Default is the maximum of all tile layers.
minResolution Number GMapType.getMinimumResolution()によって返される、このマップタイプの最小ズームレベルがセットされる。 デフォルトは全てのタイルレイヤーの最小値です。
Sets the minimum zoom level of this map type, returned by GMapType.getMinimumResolution(). Default is the minimum of all tile layers.
tileSize Number GMapType.getTileSize()によって返されるタイルサイズがセットされる。 デフォルトは256です。
Set the tile size returned by GMapType.getTileSize(). Default is 256.
textColor String GMapType.getTextColor()で返される文字色がセットされる。 デフォルトは"black"
Sets the text color returned by GMapType.getTextColor(). Default is "black".
linkColor String GMapType.getLinkColor()から返されえる文字色がセットされる。 デフォルトは"#7777cc"
Sets the text color returned by GMapType.getLinkColor(). Default is "#7777cc".
errorMessage String GMapType.getErrorMessage()から返されるエラーメッセージがセットされる。 デフォルトは空文字列。
Sets the error message returned by GMapType.getErrorMessage(). Default is the empty string.

GTileLayerインターフェース
interface GTileLayer

あなたは、カスタムマップタイルレイヤーを提供するためにこのインタフェースを実装します。 あなたのこのインタフェースの実装はプロトタイプとしてGTileLayerのインスタンスを使用するべきです。 これが、あなたのために著作権が取り扱いであると実装するので。
You implement this interface in order to provide custom map tile layers. Your implementation of this interface should use an instance of GTileLayer as a prototype, because this implements the copyright handling for you.

コンストラクタ
Constructor

コンストラクタ 解説
GTileLayer(copyrights, minResolution, maxResolution) プロトタイプとして実装されるなら、コンストラクタの引数を省略することができます。 サブクラスコンストラクタは、call()を使用することでこのコンストラクタを呼び出さなければなりません。
Constructor arguments can be omitted if instantiated as a prototype. A Subclass constructor must invoke this constructor using call().

メソッド
Methods

これらのメソッドは地図とタイルレイヤーが渡されたマップタイプによって呼び出される。 カスタムタイルレイヤーを実装するとき抽象的であるとマークされたメソッドを実装する必要があるでしょう。
These methods are called by the map and the map type to which this tile layer is passed. You will need to implement the methods marked abstract when you implement a custom tile layer.

メソッド 戻り値 解説
minResolution() Number このタイルレイヤーの最も低いズームレベルをマップタイプに返します。
Returns to the map type the lowest zoom level of this tile layer.
maxResolution() Number このタイルレイヤーの最も高いズームレベルをマップタイプに返します。
Returns to the map type the highest zoom level of this tile layer.
getTileUrl(tile, zoom) String 抽象。与えられたズームレベルにおいて、GPointxyによって与えられたタイルインデックスがマップタイルのURLを地図に返します。
Abstract. Returns to the map the URL of the map tile with the tile indices given by the x and y properties of the GPoint, at the given zoom level.
isPng() 論理値
Boolean
抽象。それゆ透過できるタイルがPNG画像形式であろうと地図に返す。さもなければGIFが引き受ける。???
Abstract. Returns to the map whether the tiles are in PNG image format and hence can be transparent. Otherwise GIF is assumed.
getOpacity() Number 抽象。このタイルレイヤーを表示するところの半透明度を地図に返す。1.0は不透明、0.0は透明。
Abstract. Returns to the map the opacity with which to display this tile layer. 1.0 is opaque, 0.0 is transparent.

イベント
Events

イベント 引数 解説
newcopyright copyright このタイルレイヤーの著作権コレクションに新たに著作権が加えられるときこのイベントが首にされる。
This event is fired when a new copyright is added to the copyright collection of this tile layer.

GCopyrightCollectionクラス
class GCopyrightCollection

あなたは、カスタムマップタイプの地図の上に表示された著作権メッセージを管理するのにこのクラスを使用します。 カスタムマップタイプを実装しないなら、あなたはこのクラスを使用する必要はありません 著作権コレクションはどのズームレベルでどの領域にどの著作権を表示したらよいかに関する情報を含んでいます。 衛星地図タイプのような異種のデータを表示するマップタイプに、これは非常に重要です。
You use this class to manage copyright messages displayed on maps of custom map type. If you don't implement custom map types, then you don't need to use this class. A copyright collection contains information about which copyright to display for which region on the map at which zoom level. This is very important for map types that display heterogeneous data such as the satellite map type.

コンストラクタ
Constructor

コンストラクタ 解説
GCopyrightCollection(prefix?) この著作権コレクションから出された著作権メッセージで、引数として与えられた共通なプレフィックスを与えるでしょう。???
Copyright messages produced from this copyright collection will have the common prefix given as the argument.

メソッド
Methods

メソッド 戻り値 解説
() 無し
none
 
addCopyright(copyright) 無し
none
著作権情報オブジェクトをコレクションに追加します。
Adds a copyright information object to the collection.
getCopyrights(bounds, zoom) Array of GCopyright 与えられたズームレベルにおける地図領域に与えられたすべての適切な著作権情報物を手に入れます。
Gets all copyright information objects that are pertinent for the given map region at the given zoom level.
getCopyrightNotice(bounds, zoom) String すべての与えられた地図領域に、与えられたズームレベルにおいて適切な著作権情報物から著作権メッセージを含む版権情報を返します。???
Returns the copyright notice that contains copright messages from all copyright information objects that are pertinent for the given map region at the given zoom level.

イベント
Events

イベント 引数 解説
newcopyright copyright 新しい著作権がこの著作権コレクションに追加されたとき、このイベントは首です。
This event is fired when a new copyright was added to this copyright collection.

GCopyrightクラス
class GCopyright

著作権物は著作権メッセージが長方形によって与えられた地図の領域に適用される情報を含んでいます、与えられたズームレベルで。 カスタム地図タイプかタイルレイヤーを与える場合にだけ、あなたはこの物を必要とします。
A copyright object contains information about which copyright message applies to a region of the map given by a rectangle, at a given zoom level. You need this object only if you implement custom map types or tile layers.

コンストラクタ
Constructor

コンストラクタ 解説
GCopyright(id, bounds, minZoom, text) 与えられた特性がある著作権情報オブジェクトを作成します。
Creates a copyright information object with the given properties.

プロパティ
Properties

プロパティ タイプ 解説
id Number この著作権情報のためのユニークな識別子。
A unique identifier for this copyright information.
minZoom Number この情報が適用される最も低いズームレベル。
The lowest zoom level at which this information applies.
bounds GLatLngBounds この情報が適用される領域。
The region to which this information applies.
text String 著作権メッセージのテキスト。
The text of the copyright message.

GProjectionインターフェース
interface GProjection

これは地図投影法のためのインタフェースです。 地図投影法インスタンスはGMapTypeのコンストラクタに渡されます。 このインタフェースはすべての事前に定義されたマップタイプによって使用される class GMercatorProjectionクラスによって実装されます。 異なった地図投影法でマップタイプを定義したいなら、あなたはこのインタフェースを実行することができます。
This is the interface for map projections. A map projection instance is passed to the constructor of GMapType. This interface is implemented by the class GMercatorProjection, which is used by all predefined map types. You can implement this interface if you want to define map types with different map projections.

メソッド
Methods

これらのメソッドは地図によって呼び出される。これらを実装する必要があります。
These methods are called by the map. You need to implement them.

メソッド 戻り値 解説
fromLatLngToPixel(latlng, zoom) GPoint 与えられた地理的座標、ズームレベルの地点におけるピクセル座標を返す。
Returns the map coordinates in pixels for the point at the given geographical coordinates, and the given zoom level.
fromPixelToLatLng(pixel, zoom, unbounded?) 無し
none
地理的座標をピクセルで与えられた地図座標および与えられたズームレベルのポイントに返します。 unboundedフラグは地理的経度座標が-180度か180度の子午線を超えて回り込まない原因です。???
Returns the geographical coordinates for the point at the given map coordinates in pixels, and the given zoom level. Flag unbounded causes the geographical longitude coordinate not to wrap when beyond the -180 or 180 degrees meridian.
tileCheckRange(tile, zoom, tilesize) 無し
none
タイルインデックスがマップタイプのための有効枠にあるなら、地図に戻ります。 さもなければ、地図は空のタイルを表示するでしょう。 また、必要なら、経度方向に巻きつけるためにタイルインデックスを修正します。???
Returns to the map if the tile index is in a valid range for the map type. Otherwise the map will display an empty tile. Also corrects the tile index to wrap around in longitude direction if necessary.

GMercatorProjectionクラス
class GMercatorProjection

メルカトル式投影図法のためのGProjectionインタフェースの実装は、事前に定義されたマップタイプすべてによって使用される。
This implementation of the GProjection interface for the mercator projection is used by all predefined map types.

コンストラクタ
Constructor

コンストラクタ 解説
GMercatorProjection(zoomlevels) ズームレベルの数値からメルカトル投影図法を作成する。
Creates a mercator projection for the given number of zoom levels.

メソッド
Methods

メソッド 戻り値 解説
fromLatLngToPixel(latlng, zoom) GPoint GProjectionを見て
See GProjection.
fromPixelToLatLng(pixel, zoom, unbounded?) GLatLng GProjectionを見て
See GProjection.
checkTileRange(tile, zoom, tilesize) 無し
none
GProjectionを見て
See GProjection.

GEvent名前空間
namespace GEvent

この名前空間はあなたがカスタムイベントとDOMイベントのためにイベントハンドラを登録して、カスタムイベントを首にさせるのに使用する機能を含んでいます。?? このAPIによって定義されたすべてのイベントがGEvent.triggerEvent()によって内部的に首させるカスタムイベントです。??
This namespace contains functions that you use to register event handlers, both for custom events and for DOM events, and to fire custom events. All the events defined by this API are custom events that are internally fired by GEvent.triggerEvent().

静的メソッド
Static Methods

静的メソッド 戻り値 解説
addListener(source, event, handler) GEventListener ソースオブジェクトのカスタムイベントのためにイベントハンドラを登録します。 操作者を結局「反-レジスタ」に使用することができるハンドルに返します。 イベントハンドラはソースオブジェクトにセットしたthisに呼ばれるでしょう。
Registers an event handler for a custom event on the source object. Returns a handle that can be used to eventually deregister the handler. The event handler will be called with this set to the source object.
addDomListener(source, event, handler) GEventListener ソースオブジェクトのDOMイベントのためにイベントハンドラを登録します。 ソースオブジェクトはDOM Nodeでなければならない。 操作者を結局「反-レジスタ」に使用することができるハンドルに返します。 イベントハンドラはソースオブジェクトにセットしたthisに呼ばれるでしょう。
この関数は現在のブラウザがイベントハンドラを登録するDOMメソッドを使用します。
Registers an event handler for a DOM event on the source object. The source object must be a DOM Node. Returns a handle that can be used to eventually deregister the handler. The event handler will be called with this set to the source object. This function uses the DOM methods for the current browser to register the event handler.
removeListener(handle) 無し
none
addListener()addDomListener()を使用するインストールされたハンドラを削除します。
Removes a handler that was installed using addListener() or addDomListener().
clearListeners(source, event) 無し
none
addListener()addDomListener()を使用するインストールされたイベントのオブジェクトの上のすべてのハンドラを削除します。???
Removes all handlers on the given object for the given event that were installed using addListener() or addDomListener().
clearInstanceListeners(source) 無し
none
addListener()addDomListener()を使用するインストールされたすべてのイベントのために与えられたオブジェクトの上のすべてのハンドラを削除します。
Removes all handlers on the given object for all events that were installed using addListener() or addDomListener().
trigger(source, event, ...) 無し
none
ソースオブジェクト上のカスタムイベントを首させます。 eventの後のすべての引数がイベントハンドラ関数の引数として渡されます。
Fires a custom event on the source object. All arguments after event are passed as arguments to the event handler functions.
bind(source, event, object, method) 無し
none
ソースオブジェクトのカスタムイベントからのイベントハンドラとしてオブジェクト上にメソッド呼び出しの登録をします。 結局「反-レジスタ」に使用することができるハンドルに返します。???
Registers an invocation of the method on the given object as the event handler for a custom event on the source object. Returns a handle that can be used to eventually deregister the handler.
bindDom(source, event, object, method) 無し
none
ソースオブジェクトのカスタムイベントからのイベントハンドラとしてオブジェクトのメソッドに呼び出しを登録します。 操作者を結局「反-レジスタ」に使用することができるハンドルに返します。
Registers an invocation of the method on the given object as the event handler for a custom event on the source object. Returns a handle that can be used to eventually deregister the handler.
callback(object, method) 無し
none
objectmethodを呼び出す閉鎖を返します。???
Returns a closure that calls method on object.
callbackArgs(object, method, ...) 無し
none
与えられた引数と共にobjectmethodを呼び出すクローザーを返します。???
Returns a closure that calls method on object with the given arguments.

イベント
Events

イベント 引数 解説
clearlisteners event? clearListeners()clearInstanceListeners()が そのオブジェクトに呼ばれるとき、このイベントはオブジェクトに首します。 もちろん、関数が実行される前にイベントは首します。
This event is fired on object when clearListeners() or clearInstanceListeners() is called on that object. Of course, the event is fired before the functions are executed.

GventListenerクラス
class GventListener

このクラスは不透明です。 それには、メソッドもコンストラクタもありません。 インスタンスはGEvent.addListener()GEvent.addDomListener()から返されて、 結局はGEvent.removeListener()に渡される。
This class is opaque. It has no methods and no constructor. Its instances are returned from GEvent.addListener() or GEvent.addDomListener() and are eventually passed back to GEvent.removeListener().

GXmlHttp名前空間
namespace GXmlHttp

この名前空間はブラウザの独立している方法でXmlHttpRequestインスタンスを作成するファクトリーメソッドを提供します。
This namespace provides a factory method to create XmlHttpRequest instances in a browser independent way.

静的メソッド
Static Methods

静的メソッド 戻り値 解説
create() GXmlHttp Factory to create a new instance of XmlHttpRequest.

namespace GXml

This namespace provides static methods to handle XML documents and document fragments.

Static Methods

静的メソッド 戻り値 解説
parse(xmltext) Node XMLテキストとして与えられたストリングを分析して、DOM表現を返します。 ブラウザが、XML構文解析がネイティブでサポートしないなら、 これは空のDIVエレメントのDOMノードを返します。
Parses the given string as XML text and returns a DOM representation. If the browser doesn't support XML parsing natively, this returns the DOM node of an empty DIV element.
value(xmlnode) String DOMで表現を考えて、XMLドキュメント断片のテキスト値(すなわち、プレーンテキスト内容だけ)を返します。
Returns the text value (i.e., only the plain text content) of the XML document fragment given in DOM representation.

GXsltクラス
class GXslt

このクラスはブラウザから独立している方法でXSLTをXMLに適用するメソッドを提供します。
This class provides methods to apply XSLT to XML in a browser-independent way.

静的メソッド
Static Methods

静的メソッド 戻り値 解説
create(xsltnode) GXslt DOM表現として与えられたXSLTスタイルシートからGXsltインスタンスを作成します。
Creates a GXslt instance from the XSLT stylesheet given as DOM representation.
transformToHtml(xmlnode, htmlnode) 論理値
Boolean
DOMとしてxmlnodeの表現を考えて、変形するために建設者でXMLドキュメントをこの GXsltインスタンスを与える場合、XSLTスタイルシートを使用します。 結果として起こるHTMLドキュメント断片を与えられたhtmlnodeに追加します。 ブラウザがネイティブにXSL変化を支持する場合にだけ、これは働いています、その場合、それが本当に戻るでしょう。 何もしません。さもなければ、この機能は、虚偽で戻るでしょう。???
Uses the XSLT stylesheet given in the constructor of this GXslt instance to transform the XML document given as DOM representation in xmlnode. Appends the resulting HTML document fragment to the given htmlnode. This only works if the browser natively supports XSL transformations, in which case it will return true. Otherwise, this function will do nothing and return false.

GLog名前空間
namespace GLog

この名前空間はあなたがウェブアプリケーションをデバッグするのを助けるいくつかの静的なメソッドを含んでいます。 最初にwrite*()メソッドの一つを使うとき、ページ上にフローティングウィンドウが開きメッセージが表示される。
This namespace contains some static methods that help you to debug web applications. When you use one of the write*() methods for the first time, a floating window opens on the page and displays the written messages.

静的メソッド
Static Methods

静的メソッド 戻り値 解説
write(message, color?) 無し
none
ログウィンドウにプレーンテキストとしてメッセージを書きます。 HTMLタグは逃げられるので、キャラクタとして目に見えます。???
Writes the message as plain text into the log window. HTML markup characters will be escaped so that they are visible as characters.
writeUrl(url) 無し
none
ログウィンドウに与えられたURLへのリンクを書きます。
Writes a link to the given URL into the log window.
writeHtml(html) 無し
none
ログウィンドウにHTMLとしてテキストを書きます。
Writes text as HTML in the log window.

GDownloadUrl関数
function GDownloadUrl

この機能はURLによって特定されたリソースを非同期に検索する便利な方法を提供します。 それはクロスサイトスクリプティングの同じ発生源制限を受けることがある、 すなわち、XmlHttpRequestオブジェクトが要求を実行するのに使用されるのでURLがこのコードを実行する現在の ドキュメントのURLと同じサーバを示さなければならないのに注意してください。 したがって、通常、url引数に絶対URLを使用するのが余分であり、 絶対的なものか相対パスだけを使用しているほうがよいです。
This function provides a convenient way to asynchronously retrieve a resource identified by a URL. Notice that, since the XmlHttpRequest object is used to execute the request, it is subject to the same-origin restriction of cross-site scripting, i.e. the URL must refer to the same server as the URL of the current document that executes this code. Therefore, it is usually redundant to use an absolute URL for the url argument, and it is better to use an absolute or relative path only.

関数
Function

関数 戻り値 解説
GDownloadUrl(url, onload) 無し
none
第1引数としてのドキュメントの原本、および2番目としてのHTTP応答ステータスコードでURLを考えて、 その時からのリソースを検索して、onload関数を呼びます。 これはサイトの交差しているスクリプティング制限を受けることがあります 。 ブラウザの基本的なXmlHttpRequest実装を使用します。???
Retrieves the resource from then given URL and calls the onload function with the text of the document as first argument, and the HTTP response status code as the second. This is subject to cross site scripting restrictions. Uses the underlying XmlHttpRequest implementation of the browser.

GBrowserIsCompatible関数
function GBrowserIsCompatible

この関数は、現在のブラウザで地図APIを使用することができるかどうか決めます。
This function decides whether the maps API can be used in the current browser.

関数
Function

関数 戻り値 解説
GBrowserIsCompatible() 論理値
Boolean
現在のブラウザがMaps APIライブラリをサポートするならtrueを返す。
Returns true if the current browser supports the maps API library.

GUnload関数
function GUnload

あなたは、メモリをリリースするのに内部データ構造をクリーンアップするAPIが引き起こす関数を呼び出すことができます。 これは、あなたがウェブアプリケーションにおけるメモリリークを引き起こす様々なブラウザバグの周りで働いているのを助けます。 あなたはあなたのページのunloadイベントハンドラでこの関数を呼ぶべきです。 この関数が呼ばれた後に、あなたがこのページで作成した地図オブジェクトは機能不全になるでしょう。??
You can call this function to cause the map API to cleanup internal data structures to release memory. This helps you to work around various browser bugs that cause memory leaks in web applications. You should call this function in the unload event handler of your page. After this function was called, the map objects that you've created in this page will be dysfunctional.

関数
Function

関数 戻り値 解説
GUnload() 無し
none
メモリリークを防ぐためにすべての登録されたイベントハンドラを解体します。 unloadイベントのためのハンドラとして呼ばれるべきです。
Dismantles all registered event handlers in order to prevent memory leaks. Should be called as a handler for the unload event.